サーキュラーエコノミー推進の実証実験として、横浜青年会議所が『Rentastic! for JCI-YOKOHAMA 』を「青年会議所初」導入

株式会社電通グループの子会社である、株式会社カローゼット(本社:東京都港区、以下「カローゼット」)は、一般社団法人横浜青年会議所(所在地:神奈川県横浜市、以下「JCI横浜」)との連携で、特定のコミュニティ内で個人の所有物(アイテム)の無償レンタル/無償譲渡を支援するWEBプラットフォーム「Rentastic!(レンタスティック)」をJCI横浜の正会員を対象に実証実験として導入し、『Rentastic! for JCI-YOKOHAMA』の運用を2022年4月1日より開始いたします。なお、当取り組みは、2050年までにCO2排出実質ゼロを目指す「Zero Carbon Yokohama」を掲げる横浜市において、地域の社会課題に取り組む事業を展開するJCI横浜が、この「Rentastic! for JCI-YOKOHAMA」を通した貸し借り、譲渡を通して、「大量消費の抑制」、「廃棄物の削減」を推進し、実証実験の期間を経て、CO2削減量や廃棄に係る費用からその効果を可視化することを目的としています。

なお、『過剰な消費の抑制』『廃棄物の削減』を目的にしたサーキュラーエコノミー(循環型経済)を推進するRentastic! プラットフォームの「青年会議所」での実証実験導入は(同様のものも含め)、日本初となります(自社調べ)。

プレスリリースはこちら [PDF 1.1MB]